“ゴスペル”は僕のアイデンティティ。ゴスペルマジシャンRitoさん

キリスト教イラスト素材集たまものクラブ

ゴスペルマジシャンRitoさん

ゴスペルマジシャンRitoさん 撮影:角谷隼人

――どんな活動をされていますか?

会社員として働きながら神学校に通い、週末はマジシャンとして活動しています。
言ってみれば、3足の草鞋を履いている感じですね(笑)。

――お忙しそうです(笑)。マジックはいつ頃から始められたのでしょう?

小学5年生です。もともと興味はあったのですが、母にトランプとマジックの本を買ってもらったのがきっかけでした。本で覚えたマジックをお正月に親戚の前で披露したらみんなが盛り上がってくれたので、「僕はマジックの天才だったのか!」と勘違いして。その勘違いが今日まで続いている感じです(笑)。

――楽しい思い出ですね。ご家族以外の人の前で披露されるようになったのはいつ頃から?

はっきりとは覚えていないんですが、小学6年生くらいからかな。教会のクリスマスで披露したりしていました。実は僕の父が牧師で、実家が教会なんです。そこから教会の方がやっているカフェや知り合いの会社や教会に呼んでいただいたり。大学生の頃からは、教会以外の方からもご依頼をいただく機会が増えてきました。

――いまは主に週末に活動されているということですが、どんな場所で披露されているのでしょう?

コロナ禍ということもあって、いまは専ら教会が中心ですが、教会学校や伝道集会、礼拝中の説教で“奨励”という形で披露するなど、教会だけでもいろんなパターンがあります。それ以外には一般企業の家族イベントや、いちばん多いのは結婚披露宴ですね。

――結婚披露宴でのマジック、盛り上がりそうですね! 子どもの頃から将来はマジシャンになりたいと思っていたのでしょうか。

それが、仕事にしたらマジックが嫌いになっちゃうんじゃ…と思っていたので、10代の頃は趣味としてやっていこうと思っていました。
でも、あるとき説教でタラントのたとえについて話されたんですね。(マタイ25章14~30節)それを聞いたときに、僕は自分に与えられたタラントを趣味で終わらせようとしている。それが、(このたとえ話に登場する)神様から預かったタラントを土に埋めてしまう人と重なりました。僕にはどこまでできるかわからないけれど、自分にできること、自分にしかできないことを使命として、神様に用いていただけたらという思いで、仕事としても積極的に受けるようになりました。

――“ゴスペルマジシャン”と名乗るようになったのはいつからでしょう? その背景についても教えていただけますか。

「神様に最上のものを献げたい」という思いから、マジックのレッスンを受けているというRitoさん 撮影:角谷隼人

聖書の内容を織り込んだゴスペルマジックは昔からやっていたのですが、“ゴスペルマジシャン”と名乗り出したのは2021年頃です。
自分がどんなマジシャンでありたいか、お客さんを呼ぶ理由としてアイデンティティを持たなくてはと考えたんですね。僕の人間としての軸には、2本の柱があると思っているんです。1つは生まれた時からクリスチャンで、信仰があること。もう1つは、人生の大半をマジックをやってきたこと。この2つをかけ合わせたら、僕にしかないものになると気づいて、“ゴスペルマジシャン”を名乗ることを決めました。
いままではマジックが好きで、技術を磨くために追求してきたけれど、ゴスペルを語るならば神学を学ばなければ、と神学校にも通いはじめました。

毎日1本のマジック動画をあげ続けたRitoさんと1周年をお祝いしよう!!

続きはこちら

キリスト教イラスト素材集たまものクラブ

Related Posts

 

オンライン献金.com