【日本FEBC】 日本語放送開始70周年に寄せて(3)新番組「痛みの中で、歌を待つ」ほか

コロナ禍で苦境に陥ったクリスチャンアーティストたち。活動の場を失う中で、歌う意味を見つめ直そうとする彼らの姿を通して、時代の痛みを分かち合う新番組が始まりました。
それは彼らを始め、この痛みを抱える人々と連帯する主イエスを仰ぎ見る私たちの祈りからです。
「仕方がない」と諦めるしかない当たり前の日常が奪われる痛みを、正直に分かち合ってくださった1通のメールから今回は始めます。


実は…今、礼拝中にこのメールを書いています。ユーチューブ礼拝がスマホから流れています。牧師先生と役員さんたちで聖餐式が行われています。それをただ見させられている教会員の一人として悔しいし寂しいです。
私の妬みの罪であることはわかっていますが、役員さんたちがうらやましい。毎週教会に集まれて、声を合わせて祈ることができて、聖餐の恵みに与れるから。

コロナのためにまだまだこんな礼拝が続くでしょう。でも、これでは単にユーチューバーにしか感じられません。教会の一人一人を思いつつ、神様に祈る大切さはわかるのですが、やっぱりこんなユーチューブ礼拝は参加したくありません。

この状況をどんなふうに受け止めて、教会員の一人として歩んでいけばいいのか神様からの答えをいただきたいです。

今、礼拝が終わって「ブチッ」とユーチューブが切られてしまいました。どんな心でこんな礼拝に参加したらいいのか、ぜひ教えてください。

******

「この状況をどう受け止め、歩んでいけばいいのか」。
答えの無い、この痛みや傷。

この問いを、4月からの新番組『痛みの中で、歌を待つ』では、アーティストの方々に教会が大切にしてきた賛美・詩編の言葉と共に思い巡らして頂きます。
そして、この番組にご出演下さる方々は、コロナ禍で賛美の機会を失ったアーティストを支援する目的で立ち上げられたプロジェクト『Praise Alive』にも集っておられる方々。

痛みの中から、新しい歌が溢れる。
その時を、ご一緒に待ち望みたいと願います。

新番組『痛みの中で、歌を待つ』
+ ”Praise Alive” 企画責任者への『コーヒーブレイク・インタビュー』

コロナ渦に入ってもう三年目となります。それぞれの形でみなさんも影響を受けられてきたと思います。…私個人のゴスペルシンガーとしての活動も大きく影響を受けました。指導していたいつものゴスペルクワイアは、コロナ直後から全てオンラインに移行したり、讃美集会や、奉仕にも大きな影響を受けました。

塩谷達也(ゴスペルシンガー)

ただ、その一方でこの期間は僕にとって、癒しと回復の季節でもありました。ずっと神様に求めてきた内面の心の傷の癒し。新曲「Deep Sea 〜海よりも深く〜」は、その傷が癒やされた時に与えられた曲です。自分の力で戦ってきて、この世の中で僕が勝ち取ってきたんだという思いがありました。そしてそれは時に「怒り」という形で顔を出しました。だけど、イエス様を十字架にかけるほどに、天のお父さんの憐れみは深い、深い、ものだったんです。

『痛みの中で、歌を待つ』「コロナ禍、自分の抱えていた思いに気付かされた時」より

ゴスペルクワイアディレクターを長年やってきたのですが、コロナ禍で練習会場が閉じてしまったり…私自身も本当に渇いてしまって。というか、「それでも大丈夫」と思ってしまうことに危機感を感じたんですね。それで『Praise Alive』(賛美は生きている)という企画を立ち上げたんです。

坂上悦子(ゴスペルクワイアディレクター、『Praise Alive』企画責任者)

日曜学校に行ったり中学校はカトリック系だったんですが、その後はロックにのめり込みまして。若くして亡くなったロックスターに憧れて、自分もそういう人生を送ると思ってました。でも、ゴスペルに出会って。ゴスペル指導のクラスの最終日に「救われたい人は前に出て下さい」って。ずっと地獄に落ちると思ってましたけど、「救われるなら救って欲しい」と前に出ていったら、涙が止まらなくて。イエス様の十字架によって私の罪は赦されたんだって分かったんですよね。どうしようもない罪を犯した時に「神よ!」ってつぶやいたのを、神様は聴いていて下さったんだって。

『コーヒーブレイク・インタビュー』
坂上悦子(ゴスペルクワイアディレクター、『Praise Alive』企画責任者)
聞き手:長倉崇宣(日本FEBCパーソナリティ)

******

古今東西の讃美を通して

グレゴリオ聖歌からテゼ共同体の賛美、現代的な曲に思いを乗せて歌うCCMから正教会の聖歌、そして誰でも一度は耳にしたことがある讃美歌。
この信仰に無くてはならないこの「うた」は、しかし、苦悩の中から溢れ出す、人から神への祈りです。
古今東西の様々な調べに乗せて、私達の嘆きや悲しみも、神に向かいますように。


神からのメッセージ―グレゴリオ聖歌
橋本周子(聖グレゴリオの家・宗教音楽研究所所長)
第1・2・5日曜日、約13分


テゼ・和解のうた(再)
植松功(黙想と祈りの集い世話人)
2022年4月〜6月、第3・4日曜日、約13分


復活への旅路―正教会の聖歌(再)
マリア松島純子(日本ハリストス正教会大阪ハリストス正教会、正教会聖歌研究者)
2022年7月〜9月、第3・4日曜日、約13分


主に向かって歌おう
飯靖子(日本基督教団霊南坂教会聖歌隊指揮者、オルガニスト)
毎週火曜日、約12分


五十嵐ジュンのThe Contemporary Christian Music(再)
五十嵐ジュン(JCコーナーストーンリーダー、ギタリスト)
毎週水曜日、約12分


MeguのCCM insight!
Megu(Genuine Graceボーカル)
第3・4金曜日、約15分


Kishikoのひとりじゃないから
Kishiko(ゴスペルシンガー)
毎週土曜日、約5分

キリスト教放送局日本FEBC

AMラジオ 1566kHz 毎日21:30〜22:45(韓国チェジュ送信所より日本全国放送)
インターネット放送 www.febcjp.com 毎朝10:00更新、24時間聴取可能

 

オンライン献金.com