教会の友だちがほしい 白井幸子 【教会では聞けない?ぶっちゃけQ&A】

Q.同世代のクリスチャンが教会にいません。教会に友だちがほしいのですが、どうすればいいでしょうか。(10代・女性)

若者のいるところに、若者は集まります。教会に若者が少ない主たる理由は、ご質問のように、教会に話し合える同年代の若者が少ないことにあるように思います。

昭和20年代、敗戦後の日本にはあふれるような自由がありましたが、お金も物も遊ぶ施設も不足していた時代でした。そんな時代、教会の日曜学校は、子どもたちにとって、学校では得られない友人と学びと遊びを与えてくれる楽しい場所でした。

それから半世紀たった現代の子どもたちには、塾と習いごととテレビゲームがあって、日曜日もスケジュールが立て込んでいます。日曜学校に通う子どもは、もう例外的な存在となってしまいました。10代の若者も、中学、高校、大学入試のただ中にあって、教会に通うほど時間に余裕のある人はほとんどいなくなってしまいました。

「人の子が来るとき、果たして地上に信仰を見いだすだろうか」(ルカによる福音書18章8節)というイエスの言葉を思い出します。現代に生きる若者を、直接教会に呼び集めることは、困難なことと思われます。

「あなたがたは世の光である。……あなたがたの光を人々の前に輝かせなさい」(マタイによる福音書5章14~16節)とイエスが言われたように、キリスト者が教会の外で働くことから始める必要があるようです。

若者は教会の外にいます。彼らの前にあなたの光を輝かせてください。もともと私たち自身に光はなく、私たちはキリストの光を反射する者にすぎません。

しかしキリストの光を反射することによって、私たちはキリストを証しする者とされます。あなたの光を見て、あなたのまわりの若者は、キリストに関心をもつ者となるでありましょう。あなたはいわば、教会という建物を離れた大きな教会で、多くの同年代の若者と交流することになります。

やがて彼らが教会に来ることになれば、すばらしいことです。しかし、来ることにならなくても、そこから福音の恵みが始まります。

しらい・さちこ 青山学院大学文学部を卒業後、フルブライト交換留学生として渡米。アンドヴァー・ニュートン神学校、エール大学神学部卒業。東京いのちの電話主事、国立療養所多磨全生園カウンセラー、東京医科大学付属病院でHIVカウンセリングに従事した後、ルーテル学院大学大学院教授を経て同大名誉教授。臨床心理士、米国UCC教会牧師。

関連記事

 

オンライン献金.com