2019年4月6日(ペトロの手紙一 4:1-11)

今週のみことば「十字架をせおう」

キリストは肉に苦しみをお受けになったのですから、あなたがたも同じ心構えで武装しなさい。肉に苦しみを受けた者は、罪とのかかわりを絶った者なのです。

それは、もはや人間の欲望にではなく神の御心に従って、肉における残りの生涯を生きるようになるためです。

かつてあなたがたは、異邦人が好むようなことを行い、好色、情欲、泥酔、酒宴、暴飲、律法で禁じられている偶像礼拝などにふけっていたのですが、もうそれで十分です。

あの者たちは、もはやあなたがたがそのようなひどい乱行に加わらなくなったので、不審に思い、そしるのです。

彼らは、生きている者と死んだ者とを裁こうとしておられる方に、申し開きをしなければなりません。

死んだ者にも福音が告げ知らされたのは、彼らが、人間の見方からすれば、肉において裁かれて死んだようでも、神との関係で、霊において生きるようになるためなのです。

万物の終わりが迫っています。だから、思慮深くふるまい、身を慎んで、よく祈りなさい。

何よりもまず、心を込めて愛し合いなさい。愛は多くの罪を覆うからです。

不平を言わずにもてなし合いなさい。

あなたがたはそれぞれ、賜物を授かっているのですから、神のさまざまな恵みの善い管理者として、その賜物を生かして互いに仕えなさい。

語る者は、神の言葉を語るにふさわしく語りなさい。奉仕をする人は、神がお与えになった力に応じて奉仕しなさい。それは、すべてのことにおいて、イエス・キリストを通して、神が栄光をお受けになるためです。栄光と力とが、世々限りなく神にありますように、アーメン。

 

オンライン献金.com