2018年10月31日 死に打ち勝つ(テモテへの手紙二 4:1-8)

神の御前で、そして、生きている者と死んだ者を裁くために来られるキリスト・イエスの御前で、その出現とその御国とを思いつつ、厳かに命じます。

御言葉を宣べ伝えなさい。折が良くても悪くても励みなさい。とがめ、戒め、励ましなさい。忍耐強く、十分に教えるのです。

だれも健全な教えを聞こうとしない時が来ます。そのとき、人々は自分に都合の良いことを聞こうと、好き勝手に教師たちを寄せ集め、

真理から耳を背け、作り話の方にそれて行くようになります。

しかしあなたは、どんな場合にも身を慎み、苦しみを耐え忍び、福音宣教者の仕事に励み、自分の務めを果たしなさい。

わたし自身は、既にいけにえとして献げられています。世を去る時が近づきました。

わたしは、戦いを立派に戦い抜き、決められた道を走りとおし、信仰を守り抜きました。

今や、義の栄冠を受けるばかりです。正しい審判者である主が、かの日にそれをわたしに授けてくださるのです。しかし、わたしだけでなく、主が来られるのをひたすら待ち望む人には、だれにでも授けてくださいます。

(テモテへの手紙二 4:1-8)

ハンガーゼロ 人材育成セミナー

 

オンライン献金.com