近藤勝彦著 キリスト教教義学 上(神代真砂実)【本のひろば.com】

本のひろば.com
評者: 神代真砂実

日本を代表する神学者の集大成
〈評者〉神代真砂実

 

キリスト教教義学 上
近藤勝彦著
A5判・1210頁・定価14300円・教文館
教文館AmazonBIBLE HOUSE書店一覧

近藤勝彦先生が『キリスト教教義学』(上巻)を出版されました。日本の神学界にとって画期的な出来事です。一人の著者による書下ろしの教義学ということでは、佐藤敏夫先生の『キリスト教神学概論』(第二版が一九九六年)以来ではないかと思います。しかも、佐藤先生のものが「概論」として圧縮された著作であったのに対して、近藤先生の教義学は上巻だけで一二〇〇頁もあり、組織神学の体系を形成するものとして先に出版された『キリスト教倫理学』と『キリスト教弁証学』を併せた分量を既に超えています。それだけの内容があることは言うまでもありません。
これだけの大著について限られた分量で読者の皆さんにご紹介するというのは無理と言う他ありませんが、ぜひ手にとって頂きたいという願いを込めて、以下にいくつかのことを記します。
まず、これまで私たちは近藤先生自身の教義学的見解について、間接的にしか知りえなかったのですが、この『教義学』の出版により、近藤先生の神学思想に直接に触れられるようになりました。先生は、その最初の論文集である『現代神学との対話』以来、また、その題からも窺われるように、古今東西の神学者たちとの対話を通して思索を深めてこられました。その論文の数々から私たちは多くのことを教えられてはきましたが、「それでは近藤先生のお考えはどうなのか」ということについては、それらの論文で展開されている批評から窺うしかなかったのでした。この『教義学』では、これまでの対話を踏まえながらも、先生の思想・立場が明確に打ち出されています。近藤先生の数々の説教の根底にある神学思想を知ることが可能になったという点からも、この教義学への興味は尽きません。
(つづきは本のひろばで)

本のひろば.comで見る

 

オンライン献金.com