安倍総理大臣が辞任の意向

安倍晋三内閣総理大臣が、28日午後辞任の意向を示しました。17時からの会見で正式な発表となる見込みです。政治空白が生じないよう、次期総理が就任するまでは引き続き執務を行う意向です。

政策には賛否もありましたが、7年8ヶ月の長期にわたり重責を担い続けてきたことにまずは「お疲れさまでした」と言いたいと思います。また、健康が守られるようにお祈りします。

そこで、私は何よりもまず勧めます。すべての人のために、王たちと高い地位にあるすべての人のために願い、祈り、とりなし、感謝をささげなさい。それは、私たちがいつも敬虔(けいけん)で品位を保ち、平安で落ち着いた生活を送るためです。そのような祈りは、私たちの救い主である神の御前において良いことであり、喜ばれることです。(テモテへの手紙第一 2章1〜3節)

ハンガーゼロ 人材育成セミナー

 

オンライン献金.com