【YMCA】 軍事侵攻に反対し、平和を求める人々と連帯します

公益財団法人 日本YMCA同盟

軍事侵攻に反対し、平和を求める人々と連帯します

日本のYMCAは、第二次世界大戦における歴史的責任を認識し、『日本YMCA基本原則』において世界の人びとと共に平和の実現に努めることを誓っています。

今回の、ロシアによるウクライナ侵攻について、軍事侵攻に反対し、国際的な意見の相違があっても戦争が解決策になることはなく、対話と協力による外交的な解決策が見つかり、武力紛争が一刻も早く終結することを強く願います。

戦争は、日常生活を営む街を一瞬にして破壊し、両国の軍人が、命を奪い合い、ウクライナでは子どもを含めた多くの市民が人権と命の尊厳が奪われます。戦争が続けば、さらに多くの血が流れ、無辜の命が奪われます。その家族や友人、知人、そして私たちの悲しみの涙は、何万倍となります。今、このひと時も恐怖と不安の中にあるウクライナの人びとを想います。

ウクライナYMCAは古くは第一次世界大戦下から戦争下で苦しむ若者のために活動を始め、その後も共産党組織支配下においては水面下で、独立後は長く民族紛争、貧困に苦しむ若者・子どものための活動をウクライナ全土25カ所で展開しています。ウクライナYMCA、ロシアYMCAともに、複雑な歴史を辿りながらヨーロッパYMCA同盟に加盟し、連なっています。平和と公正を求め、人権と民主主義にもとづいた対話による平和構築、若者の就業・メンタルヘルスについて若者自身が中心となって課題解決に望むYouth Led Solutionに注力しています。

今回の侵攻直後から、ウクライナYMCAでは爆撃地から逃れる人々のための宿泊・食料・衣料品・衛生用品の提供を開始し、今後は子どもや若者の心理社会的支援を行っていきます。ウクライナ近隣諸国のYMCAでは連携を取り、24時間体制で避難民の受け入れ、生活支援が行われています。ロシア国内でも戦争反対のデモが行われていますが、現在の政治体制下では大きな力を持つことは難しい状況ですが、世界のYMCAでは平和を希求するすべての人びとと連帯していきます。日本のYMCAでは速やかに募金活動を呼びかけ、これらの活動を支援してまいります。

世界、アジアにおいて人権や民主主義が脅かされることがないよう、無力でも平和を求め祈り、日頃からの平和への希求の意思として武力による平和は無いこと、戦争反対の声を掲げ、平和を求める人との連帯の意思や行動を示していければと願います。

また、ウクライナやロシアと関係の深い日本国内の人びと、YMCAでも留学生をはじめ、会員及びご家族が大きな影響を受ける可能性があります。関係の方々へのサポート等、必要な対応を行い、偏見や差別を生まないよう努めます。

日本YMCA同盟
総主事 田口 努

We stand in solidarity with those who oppose military aggression and seek peace

The YMCA of Japan recognizes its historical responsibility in World War II and pledges in the “YMCA of Japan Basic Principles” to work together with the people of the world to achieve peace.

With regard to the recent invasion of Ukraine by Russia, we strongly oppose military aggression and hope that war will not be the solution to international disagreements, but that a diplomatic solution through dialogue and cooperation will be found and that the armed conflict will end as soon as possible.

War destroys in an instant the cities where people live their daily lives, soldiers of both countries take each other’s lives, and many citizens, including children in Ukraine, are deprived of their human rights and dignity of life. If the war continues, more blood will be spilled and more innocent lives will be taken.

Their families, friends, acquaintances, and our tears of grief multiply tens of thousands of times. Our thoughts are with the people of Ukraine, who are in a state of fear and anxiety at this moment.

The YMCA of Ukraine has been working for young people suffering from war since World War I. Since then, under the control of the Communist Party, the YMCA has been working behind the scenes to support young people and children suffering from ethnic conflict and poverty in 25 locations throughout Ukraine. Both the YMCA of Ukraine and the YMCA of Russia are members of the YMCA Europe, which has a complex history.

They are focusing on Youth Led Solutions, which seek peace and justice, build peace through dialogue based on human rights and democracy, and seek solutions to youth issues through young people’s employment and mental health.

Immediately after the invasion, the YMCA of Ukraine began providing accommodation, food, clothing, and hygiene products for those fleeing the bombed areas, and will continue to provide psychosocial support for children and youth. YMCAs in Ukraine’s neighboring countries cooperate with each other to receive displaced people and provide livelihood support 24 hours a day.

There have been demonstrations against the war in Russia, but under the current political system it is difficult to have much power, however YMCAs around the world stand in solidarity with all those who want peace. The YMCA in Japan will immediately call for fundraising activities and support these activities.

In order to prevent human rights and democracy from being threatened in the world and in Asia, we pray for peace even if we are powerless, and hope that we can show our solidarity and action with those who seek peace by raising our voices against war and that there will be no peace by force as our daily desire for peace.

In addition, people in Japan who have close relations with Ukraine and Russia, as well as international students at YMCA, members and their families may be greatly affected. The YMCA will take necessary measures such as providing support to the people concerned, and strive to prevent prejudice and discrimination.

The National Council of YMCAs of Japan

General Secretary Tsutomu Taguchi


世界YMCA同盟では、ウクライナに関する全てのインフォメーションを1つのサイトにまとめ、公開しています。

また、ソーシャルメディア(世界YMCA同盟 – Facebook, Twitter, Instagram; ヨーロッパYMCA同盟 – Facebook, Twitter)でも情報を発信しています。

ウクライナYMCAと20年にわたる交流

東京YMCA(総主事 菅谷淳)では、ウクライナYMCAと20年にわたる交流があります。

チェルノブイリ原発事故から15年目の節目にウクライナYMCAから同じ被爆国として日本との交流の希望が寄せられ実現。子どもたちのクリスマスカード交換、ピースキャンプ訪問、高校生による動画交流など草の根の活動が続けられています。

The Tokyo YMCA has a 20-year relationship with the Ukraine YMCA.

On the fifteenth anniversary of the Chernobyl nuclear accident, the Ukrainian YMCA expressed a wish to have an exchange program with Japan as a country that had suffered the same atomic bombings
Grass-roots activities such as children’s Christmas card exchange, peace camp visits, and video exchange by high school students have continued.

 

お問い合わせ先
名称 公益財団法人 日本YMCA同盟
所在地 〒160-0003 東京都新宿区四谷本塩町2番11号[地図]
電話番号 03-5367-6640(代表)
FAX番号 03-5367-6641
メール お問い合わせフォームをご利用ください。

関連記事

ハンガーゼロ 人材育成セミナー

 

オンライン献金.com