アートを通じて、日本人のキリスト教に対するイメージをポジティブに。クリスチャンアーティスト・正野真侑子(しょうの・まゆこ)さん

キリスト教イラスト素材集たまものクラブ

――どんな活動をされていますか?

クリスチャンアーティストとして、絵を中心に作品を制作したり、子どもたちに絵を教えたりしています。
また、2020年からは自分のブランド「LYN」を立ち上げ、オリジナルグッズを販売しています。

――“LYN”とはどんな意味でしょう?

“Love Your Neighbor”の略で、聖書の言葉である「隣人をあなた自身のように愛しなさい」をコンセプトに、聖書や神様の愛を伝えることを目的に活動しています。

もともとは、コロナ禍でマスクが手に入らなかった頃に、手作りのマスクを無償で配布したのをきっかけに始まったプロジェクトです。
多くの人々が緊張や不安を抱えているなか、少しでも笑顔を届けたい、一人ひとりが隣人を思いやる気持ちを持てたら…そんな祈りを込めて、カラフルなマスクを作っていました。

――LYNのInstagramに4か月間で400枚以上のマスクを配布されたとあり、その数の多さに驚きました!
正野さんはアメリカで洗礼を受けたそうですが、何かきっかけがあったのでしょうか?

16歳のときに留学したアメリカのホストファミリーがクリスチャンの一家だったんです。
当時、たくさんのコンプレックスを抱えていたわたしを、心から受け入れ「これは神さまの愛だから」と言って無償の愛を示してくれました。

それまでは家族にも友達にもクリスチャンはいなかったし、キリスト教やクリスチャン=敷居が高くて、堅苦しいルールがいっぱいあって、ちゃんとした人でなければいけない…そんなイメージを持っていました。

アメリカでの経験を通して、クリスチャンとは常に正しい人ではなくて、自分の弱さを認めることで自分の罪が赦されている人であること、実はルールに縛られているのではなく、むしろ自由であること。そしてこんな弱い自分たちだからこそ神さまの力が必要なんだということを教えてもらいました。

アートを通じて、日本人のキリスト教に対するイメージをポジティブに。クリスチャンアーティスト・正野真侑子(しょうの・まゆこ)さん の続きはこちら

キリスト教イラスト素材集たまものクラブ

#たまものクラブ

クリプレ全体から検索

 

オンライン献金.com