教会の名を付けられたF1界屈指の高速コーナー

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1950年5月13日 F1世界選手権第1戦が開催された日

自動車レースの最高峰、F1の歴史はこの日から始まりました。レース会場となったのはイギリスのシルバーストン・サーキットで、以来1年も欠くことなく、現在に至るまで毎年イギリスGPとしてレースが開催されています。F1の初年度から現在まで欠けることなく毎年レースが行われているのはこのシルバーストンと、イタリアのモンツァ・サーキットだけです。

昨年は新型コロナウイルスの影響により、開催が危ぶまれましたが7月19日の予定から8月2日に日程をずらして、なんとか開催することができました。F1始まって以来の「伝統の一戦」が途切れずに続いたのは幸運なことでした。

Image by randomwinner from Pixabay

シルバーストン・サーキットの名物の一つと言えるのが、F1界屈指の高速コーナーといえる、「マゴッツ」「べケッツ」「チャーチ」と呼ばれるS字コーナーで、「F1マシンが最もF1マシンらしく見えるコーナー」とさえ呼ばれますが、この「べケッツ」「チャーチ」というのは12世紀にシルバーストンにいた聖トーマス・べケッツに由来して現在もその近隣にあるトーマス・べケッツ教会になぞらえて名付けられたそうです。「マゴッツ」というのはマゴット・ムーアという人物にちなむそうですが、その人がどんな人なのかよくわかりません。地元の名士さんか何かだったのでしょう、今でも地名として名前が残っているのだそうです。

それではまた明日。

Share

Related Posts


ハンガーゼロPC

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

オンライン献金.com