自らを銃撃した犯人をゆるしたローマ教皇ヨハネ・パウロ2世

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆2006年1月12日 メフメト・アリ・アジャが釈放された日

1981年5月13日、サンピエトロ広場で当時の教皇ヨハネ・パウロ2世が銃撃されるという事件が起こりました。教皇は重傷を負いましたが命は無事でした。犯人はその場で取り押さえられ、逮捕されました。その犯人がメフメト・アリ・アジャです。

ヨハネ・パウロ2世は「私がゆるした私の兄弟のために祈ってください」と、彼を責めず、服役中にも面会したそうです。2000年にこの件については教皇の恩赦によって釈放されましたが、過去に母国のトルコで殺人を犯していたため、トルコに移されて再び収監され、2006年1月12日に釈放されました。

が、その8日後にまた収監されました。というのは、トルコでの殺人による懲役は25年で、教皇襲撃事件と合算しての25年では刑期が足りないと裁判所で決定がなされたからです。教皇襲撃の罪はゆるされても、他の罪はゆるされていない、ということですね。

GWB LB DIGITAL 12:35 Statements with Pope John Paul II.

聖書では「ゆるしなさい」と教えられ、教皇は実際にそのように振る舞いましたが、人をゆるすというのは一筋縄ではいかないものです。教皇でさえ彼のすべての罪をゆるすことはできませんでした。すべての罪をゆるすことができるのは三位一体の神様だけということです。「ゆるす」ということの難しさを思い知らされる事件です。

それではまた明日。

Share

あわせて読みたい



クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

オンライン献金.com