音楽を通して届けたい、神様の愛。ゴスペルシンガー・矢嵜風花(やざき・ふうか)さん

キリスト教イラスト素材集たまものクラブ

――どんな活動をされていますか?

ゴスペルシンガーとして、歌で「良い知らせ」を伝える活動をしています。 良い知らせとは、聖書に書かれている“神さまが私たちを愛してつくった”ことや、“天国がある”こと、“あなたはかけがえのない存在なのだ”というメッセージなどです。歌にこうしたメッセージを込め、生きていく力になるような、何かきっかけが届けられたらと願っています。

――公務員経験を経て、26歳でシンガーソングライターに転身されたとのことですが、新しい世界に飛び込むことに対して不安はありませんでしたか? また、夢を諦めないでよかったと思うのはどんな時でしょうか。

不安もゼロではありませんでしたが、公務員を辞めることに未練はありませんでした。人生を安定させたいと願う人もいると思いますが、私には仕事やお金は神さまが守ってくれるという思いがあり、信じて一歩踏み出しました。

私の夢は、「できることなら自殺者を無くしたい」、そして、「神さまの愛を伝えながら生きていきたい」。だから、達成できるものではなく、ゴールもないんですね。なので、いつも「まだまだ足りない。でも今の私にできることをしよう」と思いながら活動を続けています。
私の歌を聞いてくださった方から「救われました」とか「感動しました」などの言葉をいただくとすごく嬉しいです。

――47都道県でのライブ開催や、ラジオなどでも活躍されていますが、どんな風に活動の幅を広げていかれたのでしょうか。

47都道府県ライブは、今しかできないことをしようと思い立って行動しました!
ラジオやその他の活動については、特に自分から何かをしたわけではなく、皆さまのご縁をいただいた結果で、さまざまな縁くれた神さまにも感謝です。「自分はこの活動を通して何をしたいのか」 ということをいつも明確に伝えていたので、その活動を応援したいと思ってくださる方がいろんな面で声をかけてくれたのだと思います。

――お父さまや叔父さまが牧師さんだったり、身近にクリスチャンが多い環境は、日本ではとても珍しいと思うのですが、子どもの頃から違和感なく受け入れていたのでしょうか。 また、クリスチャンであることは、矢嵜さまの人生や活動にどんな影響を与えていますか?

そうですね。違和感なく受け入れていました。ごはんの前にはお祈りをするし、困ったときもお祈りする。そして、、、

つづきは キリスト教イラスト素材集たまものクラブ

 

オンライン献金.com