【新生宣教団】 聖書の預言者イザヤと、イザヤ書の内容を分かりやすく解説!(前編)

新生宣教団

預言者イザヤ(前編)

こんにちは、ハトコです。
聖書に出てくる預言者をシリーズで紹介してきましたが、今回は3人目の預言者として、イスラエルの南ユダ王国で活躍した預言者イザヤを取り上げます。
旧約聖書は「律法」「歴史書」「詩歌」「預言書」に分かれているのですが、これまで取り上げた預言者エリヤと預言者エリシャは、聖書の「歴史書」に登場します。

新約聖書には旧約聖書の言葉が多く引用される新約聖書には旧約聖書の言葉が多く引用される

今回のイザヤは本人が「歴史書」に登場するのではなく、預言書の「イザヤ書」を書いたことによって知られている預言者です。このような預言者を「記述預言者」といいます。
新約聖書には旧約聖書の言葉が多く引用されますが、イザヤ書は詩篇に次いで多く引用がされている書巻です。

●旧約聖書について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

旧約聖書とは? 何が書いてあるの? ざっくり解説

旧約聖書とは? 何が書いてあるの? ざっくり解説

こんにちは、pontaです。みなさんは、「旧約聖書」という言葉をご存知ですか?「聖書」だけなら知っているけど、「旧約聖書」となると、あまり知らないという方が多いのではないでしょうか? では、「天地創造」という映画を知って […]

 

 


ハトコ
Writer Profileハトコ

牧師の家庭に生まれる。田舎でおとなしい子供時代を過ごしたが、高校卒業後に大阪に住んだことで性格が外交的に変わる。大阪の教会で牧師が1か月にわたり語ってくれた十字架のメッセージを聞いて明確に聖書の福音が解るようになった。好きなことは「掃除」「イエス様に従うこと」。苦手なことは「整理整頓」「ホラーやスプラッター系全般」。(「掃除」と「整理整頓」は別物です!)。新生宣教団職員。

預言者イザヤはどんな人物だった?

イザヤについての聖書の歴史的記録はありませんが、イザヤ書そのものや注解書などの諸資料からある程度の人となりがわかります。
イザヤは南ユダ王国のウジヤ王、ヨタム王、アハズ王、ヒゼキヤ王の時代に生きた人で、イザヤ書が文学的に優れていることや王宮に出入りしていることから、高い教育を受けた教養ある身分の出だったと言われています。また神の聖所で幻を見ていることから祭司だったのではという説もあります。結婚もしており妻も預言者で、預言的な意味を持つ2人の子どもの名前がイザヤ書には出てきます。

【新生宣教団】聖書の預言者イザヤと、イザヤ書の内容を分かりやすく解説!(前編)続きはこちらから….

関連記事

 

オンライン献金.com