9月16日  ローマの信徒への手紙10章15節

遣わされないで、どうして宣べ伝えることができよう。「良い知らせを伝える者の足は、なんと美しいことか」と書いてあるとおりです。
ローマの信徒への手紙10章15節(参照箇所同書10章14〜21)

聖書は神の出来事をニュースとして知らせる新聞であると言われます。神の出来事を知らせるニュースなので「福音」、つまり「喜ばしい知らせ」と言われるのです。神の出来事の告知、これは聖書がどのようなスタンスで読まれるべきかを教えるものです。

福音はニュースなのですから、それこそ聞かなければ何事も知らないままで過ぎてしまうでしょう。聞くためには、伝える者の存在もなければなりません。パウロは「良い知らせを伝える者の足はなんと美しいことか」とイザヤ52章7節をもって、それこそ福音の伝達者を讚えています。おそらく自分自身のことを念頭においてのことでしょう。

しかも彼は伝える者の口は美しいと言わないのです。足が美しいと言います。彼のこれまでの伝道の旅をふり返っているのでしょう。すでに三度にわたって各地に福音を伝え歩きました。足が彼を運び、彼の持つ福音を届ける使命を助けました。そのための疲れを負ったのも足、埃をかぶり、泥にまみれたのも足でありました。足は福音伝達の苦労を最も良く知っているのです。

人々が福音を聞くために、埃をかぶり、泥まみれになっている者への配慮をわたしたちは忘れるべきではありません。

 

オンライン献金.com