6月11日 エズラ記1章1節

主はかつてエレミヤの口によって約束されたことを成就するため、ペルシアの王キュロスの心を動かされた。
エズラ記1章1節(参考箇所同書1章1〜4節)

紀元前6世紀の頃イスラエルの民はバビロニアに侵攻され、国家的な悲劇を経験しました。その間、彼らはやがてメシアが現れて解放してくれるものとの期待を持ち続けていたのでした。来るべき解放者はダビデのような英雄の姿を想像していましたが、そのようなメシアが一向に現れることなく、そのうちにメシア像は、イザヤ書53章に見るような彼らの苦しみをわが身に負う苦難の僕の姿へと変っていったのでした。

ほぼ半世紀にわたる捕囚の間を過ごした彼らをバビロニアから解放したのは、イスラエルが彼らの歴史の中で待望していたメシアではなく、異邦人であるペルシア王キュロスでした。キュロスは彼らを解放したばかりでなく、帰還後エルサレムに神殿を再建することを助け、バビロニア王ネブカドネツァルが持ち去った神殿の祭具を返還したのでした。

神のなさることはまことに人の意表をつきます。異邦人とは相容れないとしてきたイスラエルの民が異邦人キュロスによって解放されるという歴史の逆説は、新約の善きサマリア人のたとえにも共通するのであって、わたしたちは自分たちの周辺社会との関係の中にも起こり得ることを考えねばならないでしょう。

 

オンライン献金.com