6月4日 サムエル記下12章13節

ダビデはナタンに言った。「わたしは主に罪を犯した。」
サムエル記下12章13節(参考箇所同書12章1〜23節)

ダビデは、英雄として讚えられ、多くの詩編は彼の作とされています。またその子孫からはメシアが生まれると約束され、主イエスがエルサレムに入城されるとき群衆はダビデの子にホサナと叫んで迎えたほどの人でありました。にもかかわらず、彼の行状はけっして褒められたものではありません。とくにウリヤの妻バト・シェバを寝取り、あげくにウリヤを戦場に送って戦死させるなどの汚点を生涯に残しています。その彼がイスラエルの歴史を負うほどの人物たり得たのは、彼が悔い改めの人であったからです。

預言者ナタンは、時の権力者ダビデを恐れることなく、激しく悔い改めを迫ります。「あなたは隠れて行なったが、わたしはこれを全イスラエルの前で、太陽の下で行なう」(12節)と言うのです。これに対してダビデは「わたしは主に罪を犯した」と率直に告白をしたのでした。

人が罪を告白するのは、それほど容易いことではありません。多くは、恥ずかしいことは言いたくない、その時の事情はとあれこれ理由をあげて、罪との対決を避けるかもしれません。預言者ナタンから突きつけられた罪を前に、ダビデは逃げることなく、自らの罪を直視したのでした。

 

オンライン献金.com