2019年7月5日(テモテへの手紙一 3:1ー13)

今週のみことば「教会の秩序」

この言葉は真実です。

監督の資格

「監督の職を求める人がいれば、その人は良い仕事を望んでいる。」

だから、監督は、非のうちどころがなく、一人の妻の夫であり、節制し、分別があり、礼儀正しく、客を親切にもてなし、よく教えることができなければなりません。

また、酒におぼれず、乱暴でなく、寛容で、争いを好まず、金銭に執着せず、

自分の家庭をよく治め、常に品位を保って子供たちを従順な者に育てている人でなければなりません。

自分の家庭を治めることを知らない者に、どうして神の教会の世話ができるでしょうか。

監督は、信仰に入って間もない人ではいけません。それでは高慢になって悪魔と同じ裁きを受けかねないからです。

更に、監督は、教会以外の人々からも良い評判を得ている人でなければなりません。そうでなければ、中傷され、悪魔の罠に陥りかねないからです。

同じように、奉仕者たちも品位のある人でなければなりません。二枚舌を使わず、大酒を飲まず、恥ずべき利益をむさぼらず、

清い良心の中に信仰の秘められた真理を持っている人でなければなりません。

この人々もまず審査を受けるべきです。その上で、非難される点がなければ、奉仕者の務めに就かせなさい。

婦人の奉仕者たちも同じように品位のある人でなければなりません。中傷せず、節制し、あらゆる点で忠実な人でなければなりません。

奉仕者は一人の妻の夫で、子供たちと自分の家庭をよく治める人でなければなりません。

というのも、奉仕者の仕事を立派に果たした人々は、良い地位を得、キリスト・イエスへの信仰によって大きな確信を得るようになるからです。

 

オンライン献金.com