2019年4月27日(ローマの信徒への手紙 8:1-11)

今週のみことば「復活の福音」

従って、今や、キリスト・イエスに結ばれている者は、罪に定められることはありません。

キリスト・イエスによって命をもたらす霊の法則が、罪と死との法則からあなたを解放したからです。

肉の弱さのために律法がなしえなかったことを、神はしてくださったのです。つまり、罪を取り除くために御子を罪深い肉と同じ姿でこの世に送り、その肉において罪を罪として処断されたのです。

それは、肉ではなく霊に従って歩むわたしたちの内に、律法の要求が満たされるためでした。

肉に従って歩む者は、肉に属することを考え、霊に従って歩む者は、霊に属することを考えます。

肉の思いは死であり、霊の思いは命と平和であります。

なぜなら、肉の思いに従う者は、神に敵対しており、神の律法に従っていないからです。従いえないのです。

肉の支配下にある者は、神に喜ばれるはずがありません。

神の霊があなたがたの内に宿っているかぎり、あなたがたは、肉ではなく霊の支配下にいます。キリストの霊を持たない者は、キリストに属していません。

キリストがあなたがたの内におられるならば、体は罪によって死んでいても、“霊”は義によって命となっています。

もし、イエスを死者の中から復活させた方の霊が、あなたがたの内に宿っているなら、キリストを死者の中から復活させた方は、あなたがたの内に宿っているその霊によって、あなたがたの死ぬはずの体をも生かしてくださるでしょう。

 

オンライン献金.com