2018.10.2 主人と僕:フィレモンへの手紙 8-20

それで、わたしは、あなたのなすべきことを、キリストの名によって遠慮なく命じてもよいのですが、

むしろ愛に訴えてお願いします、年老いて、今はまた、キリスト・イエスの囚人となっている、このパウロが。

監禁中にもうけたわたしの子オネシモのことで、頼みがあるのです。

彼は、以前はあなたにとって役に立たない者でしたが、今は、あなたにもわたしにも役立つ者となっています。

わたしの心であるオネシモを、あなたのもとに送り帰します。

本当は、わたしのもとに引き止めて、福音のゆえに監禁されている間、あなたの代わりに仕えてもらってもよいと思ったのですが、

あなたの承諾なしには何もしたくありません。それは、あなたのせっかくの善い行いが、強いられたかたちでなく、自発的になされるようにと思うからです。

恐らく彼がしばらくあなたのもとから引き離されていたのは、あなたが彼をいつまでも自分のもとに置くためであったかもしれません。

その場合、もはや奴隷としてではなく、奴隷以上の者、つまり愛する兄弟としてです。オネシモは特にわたしにとってそうですが、あなたにとってはなおさらのこと、一人の人間としても、主を信じる者としても、愛する兄弟であるはずです。

だから、わたしを仲間と見なしてくれるのでしたら、オネシモをわたしと思って迎え入れてください。

彼があなたに何か損害を与えたり、負債を負ったりしていたら、それはわたしの借りにしておいてください。

わたしパウロが自筆で書いています。わたしが自分で支払いましょう。あなたがあなた自身を、わたしに負うていることは、よいとしましょう。

そうです。兄弟よ、主によって、あなたから喜ばせてもらいたい。キリストによって、わたしの心を元気づけてください。

(フィレモンへの手紙 :8-20)

 

オンライン献金.com