連載・コラム

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 連載・コラム

    【夕暮れに、なお光あり】 落ち葉を拾うな! 上林順一郎

    落ち穂は「神のもの」であり、貧しい隣人たちや寄留者たちのものとして「分かち合う」ものだったのです。

    • 断片から見た世界特集

    【断片から見た世界】『告白』を読む 知を愛することへ向かって

    「洞窟の比喩」をめぐって考える『告白』におけるアウグスティヌスの探求を、特に、新プラトン主義の哲学との関係を理解する…

    • 連載・コラム
    • 365日の聖書

    11月14日 テサロニケの信徒への手紙一4章14節

    神は同じように、イエスを信じて眠りについた人たちをも、イエスと一緒に導き出してくださいます。テサロニケの信徒への手紙…

    • 連載・コラム
    • 365日の聖書

    11月13日 コロサイの信徒への手紙4章6節

    いつも塩で味付けされた快い言葉で語りなさい。コロサイの信徒への手紙4章6節(参照箇所同書4:2〜6)神の言葉は、今ま…

    • 連載・コラム
    • 365日の聖書

    11月12日 コロサイの信徒への手紙2章12節

    洗礼によって、キリストと共に葬られ、また、キリストを死者の中から復活させた神の力を信じて、キリストと共に復活させられ…

    • 連載・コラム
    • 365日の聖書

    11月11日 コロサイの信徒への手紙1章24節

    今やわたしは、あなたがたのために苦しむことを喜びとし、キリストの体である教会のために、キリストの苦しみの欠けたところ…

    • 連載・コラム

    大阪のクリニックからも突如雇われる 【関野和寛のチャプレン奮闘記】第8回

    1人の患者さんのケアを通して関東のクリニック、しかもキリスト教系でない一般の医療機関に、初のチャプレンとして雇っても…

  1. image
    • 聖書からよもやま話連載・コラム

    シズル感を伴う恐怖と愛【聖書からよもやま話284】

    神様は漠然とした方ではなく、リアリティとシズル感を持った方です。神様の与える恐怖にシズル感があるのなら、それは神様が…

    • 連載・コラム
    • 365日の聖書

    11月10日 コロサイの信徒への手紙1章20節

    その十字架の血によって平和を打ち立て、天にあるものであれ、地にあるものであれ、万物をただ御子によって、御自分と和解さ…

    • 連載・コラム
    • 365日の聖書

    11月9日 フィリピの信徒への手紙4章4節

    主において常に喜びなさい。重ねて言います。喜びなさい。フィリピの信徒への手紙4章4節(参照箇所同書4:2〜7)二人の…

    • 連載・コラム

    神の道しるべとしての逝去者記念礼拝 與賀田光嗣 【宗教リテラシー向上委員会】…

    伝統的な聖堂の造りでは祭壇の真下に墓地、あるいは納骨堂がある。毎主日行われる聖餐式は、生きている私たちだけでなく、死…

    • 連載・コラム

    よくキレる人への対処法は? 平山正実 【教会では聞けない?ぶっちゃけQ�…

    キレやすい人に対して、周囲の人々は、すぐ非難するのではなく、まず冷静に彼らの弱さを理解しようと努力すべきでしょう。彼…

    • 連載・コラム
    • 365日の聖書

    11月8日 フィリピの信徒への手紙3章12節

    わたしは、既にそれを得たというのではなく、既に完全になっているといるわけではありません。なんとかして捉えようと務めて…

    • 断片から見た世界

    【断片から見た世界】『告白』を読む 「洞窟の比喩」へ

    プラトン哲学の核心へアウグスティヌスは自分自身の実存を賭けた真理の探求を進める中で、新プラトン主義の思想に出会いまし…

    • 連載・コラム
    • 365日の聖書

    11月7日 フィリピの信徒への手紙3章8〜9節

    キリストのゆえにわたしはすべてを失いましたが、それらを塵あくたと見なしています。キリストを得、キリストの内にいる者と…

    • 連載・コラム
    • 365日の聖書

    11月6日 フィリピの信徒への手紙2章6〜7節

    キリストは神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わず、かえって自分を無にして、僕の身分になり…

    • 連載・コラム

    あの人…… 上林順一郎 【夕暮れに、なお光あり】

    80歳を越えた昨今、友人や親しい知人の訃報の届くことが多くなりました。すぐに駆けつけたいところがその機会は許されず、…

    • 連載・コラム
    • 365日の聖書

    11月5日 フィリピの信徒への手紙1章29節

    あなたがたには、キリストを信じることだけでなく、キリストのために苦しむことも、恵みとして与えられているのです。フィリ…

    • 連載・コラム

    召命があるかどうか分からない 平山正実 【教会では聞けない?ぶっちゃけQ&#…

    牧師は、この世のさまざまな職務の中で、救霊という特殊な使命を与えられています。その任務は名誉あるものであると同時に大…

  2. image
    • 聖書からよもやま話連載・コラム

    自分で思うより自分は美しくない【聖書からよもやま話282】

    人間というものは特に力を持ったときに、自分を過大評価してしまうものです。しかし神様は言います。お前はそんなに美しくも…